HOME » セミナー・イベント » 提案型営業における業務標準化とは 無料セミナーを開催しました。

【製造業】経営者・営業企画・情報システム部門長様向けセミナー

提案型営業における業務標準化とは
~特注要求や案件管理の工数をいかにしてカットするか~

提案型営業における業務標準化とは~特注要求や案件管理の工数をいかにしてカットするか~
無料セミナーを開催しました。(2011/11/18(金)大阪)

多数のお客様にご来場いただきましてありがとう御座いました。


カスタマイズありきの顧客要求、多様なニーズが集積する案件管理。 お客様の声に耳を傾けすぎると、採算度外視受注期間の長期化につながります。 製・販・開のコミュニケーション不足が指摘され、マネージャーの管理工数が増大しています。 『もう、ノーサイドにしませんか!?』 当日は皆さまの目でご確認いただけるよう、デモを披露いたします。 最良のツールで、狙い通りの工数カットを実現するシーンを提案いたします。

提案型営業における業務標準化とは~特注要求や案件管理の工数をいかにしてカットするか~無料セミナー
開催日 2011年11月18日(金) 13:30~(受付開始)
時間 14:00~16:00
会場 毎日インテシオ4F 会議室F
住所:大阪市北区梅田3-4-5
TEL:06-6346-8351
・大阪市営地下鉄四つ橋線「西梅田駅」
・JR「大阪駅」桜橋口より 各徒歩10分
会場へのアクセス
*事務局での、駐車場の御用意はしておりません。
公共の交通機関をご利用頂くようお願い申し上げます。
定員 30名
共催 ソフトブレーン株式会社/応用技術株式会社
参加方法 受付を終了しました。
参加費 *参加費は無料です。

・定員に達し次第締め切らせて頂きますので、早めにお申込を頂きますようお願い致します。
  又、誠に勝手ながら1社3名様までを基本とさせて頂いております。
・申込書受領にて受付完了とし、後日、受講票の発送等はいたしませんので、ご了承下さい。

第一部 「プロセスマネージメント推進による業務標準化」
時間 14:00~14:50
講師 ソフトブレーン株式会社 コンサルティング推進部
一社一社課題の異なる提案型の営業活動。
その日々の営業活動で更新される案件情報。
営業所ごと、マネージャーごとで異なる営業プロセスは、案件自体の管理工数を増大させ、ひいては“計画的な”予算達成の妨げになります。
そこで、営業活動など主要業務の見える化を通じて、プロセスマネージメントを推進する手法。さらには案件管理工数を削減、計画的な予算達成を支援するCRM/SFAツール「e-SalesManager」の効果的な利用方法をご紹介いたします。
第二部 製販で連携した「個別設計」の削減
時間 15:00~16:00
講師 応用技術株式会社 ソリューション本部
多くの製造業では「必要な物を、必要な時に、必要なだけ」手配するジャストインタイム方式の浸透により、完成品は当然の事ながら、仕掛品や部品等の在庫が削減され、キャッシュフローに寄与しています。
しかし、営業の前線では顧客からの短納期要求や、競合他社との熾烈な戦いにより、多くの案件が「仮受注」で生産手配され、顧客との仕様調整の度に変更が繰り返されているのが現状ではないでしょうか。
これは「仮受注」で手配された部品が不良在庫化するだけでなく、協力工場への仮発注の取り消しなど、自社以外にも大きな影響を及ぼしていると思われます。 そこで、本セッションでは或る機械メーカーの「営業から納品までのプロセス」を紐解き提案営業の重要性と個別設計を減らすためのヒントをご紹介したいと思います。
更に、それらを支えるIT基盤「製品構成チェックシステム(製品コンフィグレータ)」の導入事例を二つ(住宅設備メーカー、ロボットメーカー)をご紹介します。
お問い合わせ 応用技術株式会社 ソリューション本部
〒531-0074 大阪府大阪市北区本庄東1-1-10 RISE88ビル
TEL:06-6373-5032 FAX:06-6373-6108


〔イベントページに戻る〕

ページ上部へ戻る