HOME » セミナー・イベント » BIMセミナー「現場志向BIMを考えよう!」

BIMセミナー「現場志向BIMを考えよう!」

応用技術(株)主催 BIMセミナー「現場志向BIMを考えよう!」(2016/09/27(金) 東京)



多数のご参加ありがとうございました。

概要 「2009年は日本のBIM元年」と言われ、建築業界ではBIMという言葉が浸透してきました。
しかしながら、実際の現場で利用されているBIMとはどのようなものでしょうか。
 昨今、BIM導入の理由が「CGやパースなどプレゼンテーション」から
「業務の効率化や改善のため」へと変化しており、現場でのBIMの活用が活発化しています。
 本セミナーでは基調講演に前田建設工業株式会社の曽根様を特別講師としてお迎えし、
施工現場を中心としたBIMの活用についてお話いただきます。
 また共催としてご参加いただきます、株式会社コミュニケーションシステム様、
オートデスク株式会社様には、最新のBIM関連製品情報をはじめ、
同社が考えるBIMへの取り組みと更なる活用についてお話いただく予定です。
開催日時 2016年09月27日(火)13:30~17:00(受付:13:00~)
主催 応用技術株式会社
共催 株式会社コミュニケーションシステム、オートデスク株式会社
定員 100名(事前登録制・先着順)
対象者 ゼネコン・設計会社・デベロッパ・建設コンサル・官公庁自治体
開催場所 オートデスク株式会社 本社 セミナールーム
〒104-6024 
東京都中央区晴海1-8-10
晴海アイランド トリトンスクエア オフィスタワーX24F
参加費用 無料
参加方法 終了いたしました。
アジェンダ
【ご挨拶】
   講演者:応用技術株式会社 代表取締役社長 船橋 俊郎
【基調講演】

  施工BIMから生産性の向上を考える

    講演者:前田建設工業株式会社
          建築事業本部 建築技術部 TPM推進グループ グループ長
             兼 技術研究所 ITシステム研究室 室長 曽根 巨充 氏
        
    このところ施工段階におけるBIMやICTを活用した取り組みに注目が集まっています。
    そこで今回は、施工BIMの考え方を整理し、作業所において施工図の検討・調整業務に
    適用した事例などから、施工現場での活用状況を紹介します。

【各社講演】

  Session1. 「Integrated BIM」で推進するBIMワークフロー
    講演者:オートデスク株式会社 技術営業本部
         建設担当テクニカルアカウントマネージャ 森 昌宏 氏

     オートデスクが考えるNEXT STEP BIM(繋がりのBIM)への取組みと、
     更なるBIMの活用についてご紹介します。
        
  Session2. BIM×Forge Platformのこれから~カスタマイズの取り組み~
    講演者:応用技術株式会社 ソリューション本部
                 事業企画室長 兼 開発一部長 小西 貴裕

     今まで実現が難しかった、3Dモデルを使ったブラウザベースの業務システムが
     構築可能になっています。
     今回はオートデスク社の ForgePlatform を利用して、
     当社ソリューションを連携したカスタマイズとその可能性についてご紹介します。

        
  Session3. Revitによるボリューム算出法とTP-PLANNER連携
    講演者:株式会社 コミュニケーションシステム
                       システム営業部 鈴木 剛 氏

     土地情報から始まる企画設計をRevitで実現するTP-Rlinkを紹介します。
     TP-PLANNER連携で逆日日影、天空率、構造連携、建具配置まで実現し
     Revit建物を効率的に作成する手法を解説します。

【質疑応答】
※ 講演内容、題目については、都合により変更される場合がございます。

お問い合わせ 応用技術株式会社 ソリューション本部 セミナー事務局担当
 東京: 渡辺 TEL: 03-5319-3212
 大阪: 木村 TEL: 06-6373-5032 
 お問い合わせフォーム

ページ上部へ戻る