HOME » 採用情報 » 先輩からのメッセージ » 大西 直樹(技術)

採用情報

大西 直樹(技術)

好きな言葉

one for all, all for one

CARRER

  • 2010年 応用技術 新卒入社
  • 2011年 船舶リアルタイム位置表示プロトタイプの開発担当
  • 2012年 電子申請に関するシステムの開発・保守担当
  • 2015年 電子申請に関するシステムの開発リーダー担当

2010年入社

大西 直樹(技術)

〔専攻〕 環境社会計画

01.応用技術に入社した決め手はなんですか?

GISアプリケーションに係る仕事をしたいと考えていたためです。
また会社説明会や面接を通して自分に合った職場だと思えた点が決め手になりました。

02.職場の雰囲気はどうですか?

物事に行き詰った時など相談しやすい環境であり、仕事のしやすい雰囲気だと思います。

03.応用技術の自慢はなんですか?

システムインテグレーションの豊富な経験から「トータルエンジニアリングサービス企業」として、CAD(設計システム)やGIS(地理情報システム)を活用した、専門性の高い技術力があるところ。

04.現在どのような仕事をしていますか?

電子申請に関するシステム案件で、開発リーダーを担当しています。
主に、スケジュール管理や仕様の調整などを実施しています。

05.仕事にやりがいを感じるときは?

大きな問題もなくシステムを納めたとき。また、システムユーザの方に感謝の言葉を頂いたとき。

06.仕事で辛かったこと、大変だったことはなんですか?

緊急性の高いシステム障害が発生した時は、解析や対応策など直ぐに結果を出す必要があったので、大変な思いをし辛かったです。しかし、大変な思いをした反面、いかに的確な作業をするかという点では良い経験ができたのではないかと思います。

07.どんな人と一緒に働きたいですか?

ON・OFFの切り替えができる人。

08.入社時と比べて自分自身が変わったと思うところは?

入社してから大きな案件に携わることができ、責任感がより身に付いたと思います。アプリケーション開発だけに留まらず、ネットワークやハード・ソフトなどの環境構築を通して、いかに品質を担保するか等システム全体を考えるようになりました。

09.プライベートで気になること、熱中していることは?

ロードバイクやゴルフ。休日はしばしば体を動かしています。

10.今後の自分自身への目標をどうぞ

今までは、開発・環境構築・保守などの業務をメインに実施していましたが、今後はお客様の視点に立ったサービスのご提案や課題解決の実現など、より上流工程に携われるようになりたいと考えています。

11.社会へ一歩踏み出す学生の皆さんへメッセージをどうぞ

広い視野を持って就職活動に取り組んでみてください。
気に留めていなかった分野・内容でも新しい発見があったりするものです。


学生時代はこんな研究をしていました。

タイトル:店舗別立地特徴と自治体別制度の違いから見るお買い物袋持参率の差異に関する研究

ある小売企業の各店舗の地理的立地条件・店舗規模・利用客層や各自治体の制度の違いといった視点から、 店舗間の「お買い物袋持参率」の差異に影響を及ぼしているものは何かを様々なデータから解析していました。 そこから、今後お買い物袋持参を促すのに有効な条件・環境を導き出すことを目的としていました。 実際、店舗間によってはお買い物袋持参率に約2倍もの差異があり、上記に挙げた視点から要因を解析しました。

ページ上部へ戻る