HOME » 採用情報 » 先輩からのメッセージ » 小口 淳平(技術)

採用情報

小口 淳平(技術)

好きな言葉

人生を切り拓くのは自分しかいない

若い時の苦労は買ってでもせよ

CARRER

  • 2011年 大学 文学部 卒業
  • 2011年 製薬メーカー 入社(営業)
  • 2012年 製薬メーカー 退職
  • 2013年 大学院  入学
  • 2015年 大学院  卒業
  • 2015年 応用技術 新卒入社

2015年入社

小口 淳平(技術)

〔専攻〕 都市環境科学研究科

01.応用技術に入社した決め手はなんですか?

自然災害に対する防災について興味があり、防災に関する解析、シミュレーションを行なっており、他社の解析業務も行なっていることを知り、応募、入社しました。

02.職場の雰囲気はどうですか?

作業は真剣に、議論は活発に、堅苦しさを感じない雰囲気です。

03.応用技術の自慢はなんですか?

多岐にわたる事業と発言しやすい環境です。

04.現在どのような仕事をしていますか?

大店立地法に基づく予測や協議などを通して、行政、事業者、周辺住民の方がより良い店舗運営を行なうことができるよう、コンサルティングする仕事をしています。

05.仕事にやりがいを感じるときは?

少しでも携わった案件の納品が終わり、無事に店舗運営などがされているのを見たり、聞いたりしたときです。

06.仕事で辛かったこと、大変だったことはなんですか?

構想段階に近い資料から、行政に届出する書類のたたき台を作成するのが大変でした。また、届出当日に文面や図面の修正依頼があり、印刷、綴じる作業をアポイントの時間までに仕上げなければならなかったことがあり、大変でした。

07.どんな人と一緒に働きたいですか?

ポジティブで積極的な人。

08.入社時と比べて自分自身が変わったと思うところは?

以前にも増して、確認を入念に行なうようになりました。
また、「なぜ、このような判断をしたのか」を明確に回答できるように意識して、物事を考えるようになりました。

09.プライベートで気になること、熱中していることは?

風景写真を撮ること(山などの自然が多いです)
ラジオ番組を聞くこと。

10.今後の自分自身への目標をどうぞ

まずは、一人で1つの案件を完遂させることが目標です。
ゆくゆくは、応用技術らしい、技術力を活かした事業を開拓したいと考えています。

11.社会へ一歩踏み出す学生の皆さんへメッセージをどうぞ

ありのままの自分、本気の自分で臨めば、自然に後悔のない道が開けると思います。「入社して良かった。」と心から思える会社で働けるよう、頑張って下さい。


学生時代はこんな研究をしていました。

タイトル:東京西部山麓域に発現した強雨域について

短時間強雨(いわゆるゲリラ豪雨)発生時の大気の状態の特徴を捉える研究を行なっていました。 高層の風の成分を使用して事例を分類した後、タイプ別の降水パターンを見出しました。同時に、鉛直方向の風と水蒸気から大気の状態を把握し、大気の擾乱(低気圧、前線など)と対応が見られるかを調べました。これらを総合して、短時間強雨を発生させやすい擾乱と降水パターン、その際の上空の大気の状態の特徴を捉えることができました。

ページ上部へ戻る