HOME » 採用情報 » 先輩からのメッセージ » 馬場 拓也(技術)

採用情報

馬場 拓也(技術)

好きな言葉

継続は力なり

CARRER

  • 2015年 大学 理工学部 卒業
  • 2015年 応用技術 新卒入社

2015年入社

馬場 拓也(技術)

〔専攻〕 都市環境工学科

01.応用技術に入社した決め手はなんですか?

大学でAutoCADを触る機会があり、そこからシステム開発に興味が出て、教授の薦めでこの会社を知りました。決め手としては、やはり一つの分野だけでなく、様々なジャンルの分野に対してのお仕事があるのが魅力だと感じたことです。

02.職場の雰囲気はどうですか?

自由で束縛を感じなく、伸び伸びと作業をできるという印象です。あとは優しくて親切な上司の方々が多いです。

03.応用技術の自慢はなんですか?

モノづくりや土木、防災、環境、GISなどのように1つの分野にだけではなく、様々な分野に対してサービスの提供を行っているというところが強みだと思います。また、大阪本社は2015年に梅田センタービルに移ったばかりなので清潔感があり、梅田ということで交通機関のアクセスも充実しております。

04.現在どのような仕事をしていますか?

まだ研修中です。今はJavaやCADについて勉強しております。(2015.12現在)

05.仕事にやりがいを感じるときは?

自分で作ったプログラムが意図したとおりに動いてくれたときは達成感を感じます。また、それに対してお褒めの言葉を頂いたときは自分のプログラムが役に立つことができたのだなと嬉しく思います。

06.仕事で辛かったこと、大変だったことはなんですか?

プログラムを一から勉強していることです。私はプログラミング未経験で入社したので、毎日新しいことを学び、苦戦しております。

07.どんな人と一緒に働きたいですか?

一生懸命で向上心を持っている人と一緒にお仕事させて頂きたいと思っております。

08.入社時と比べて自分自身が変わったと思うところは?

やはり学生とは違うので、勉強に取り組む姿勢が変わりました。早く一人前のプログラマーになりたいという向上心が日々湧き上がっております。

09.プライベートで気になること、熱中していることは?

写真と旅行が好きなので、カメラを片手に様々なところへ行くのが最近のマイブームです。

10.今後の自分自身への目標をどうぞ

早く一人前になって、仕事を任せてもらえるようになりたいです。ただプログラミングとは日々進化していっていると聞いたことがあるので、勉強に取り組む姿勢はこれからも変わらずにいようと思っております。

11.社会へ一歩踏み出す学生の皆さんへメッセージをどうぞ

技術の応用やシステム開発、プログラミングなど専門的な用語が多くてその手の知識や経験が必須なのではないだろうか。興味はあるけど未経験な自分には無理なのではないか。 学生の方はそのような不安を感じてはいないでしょうか?
私は学生時代強く感じておりました。
しかし、実際に当社では最初からプログラム関連の知識又は経験があった人は一部だったそうです。
私自身知識や経験は皆無でしたが、今は様々な勉強や研修の機会を頂き、日々プログラマーとして少しずつ成長することができております。一生懸命で向上心のある方なら当社は背中を押してくれます。 プログラミングの経験がある方はもちろん、経験がなくとも興味がある方は一度当社へ見学してみては如何でしょうか?


学生時代はこんな研究をしていました。

タイトル:既設鋼単純合成I桁端部の橋軸直角方向に対する補強方法について

近年の大型地震による被害問題の一つである、橋梁の耐震性能について補強を目的とした研究を行いました。
橋軸方向への研究事例は数多くありますが、橋軸直角方向に関しましては研究事例が実際には少ないと言われていましたので、私の研究では橋軸直角方向を対象とした補強案の解析を行っておりました。

ページ上部へ戻る