HOME » 商品・サービス案内 » 土木・建築分野 » 構造耐力判定システム

商品・サービス案内

構造耐力判定システム

構造物が建築基準法およびその施行令が定める耐力を持つか否か判定

商品/サービスの特徴

製品概要

鉄骨造(鉄骨ブレース構造)の邸別構造チェックシステムで、以下の機能を有します

プラン入力

  • 1) シルエット入力(ユニット入力、柱)
    2) 一般要素入力
    3) バルコニー、吹抜け、天井収納、小屋裏、外壁、階段、エレベータ・・・
    4) 屋根入力(自動作成、手動修正)
    5) 部材入力(自動作成、手動修正)
       大梁、小梁、ブレース、束、方杖、登梁、ジョイントブロック、ベースプレート、
       アンカーボルト・・・
    6) 耐力壁入力等

上棟構造計算・判定

● 解析モデル作成

  1. 軸フレーム
    • ・通り毎の軸フレームの応力計算時に使用
      ・解析モデル: 各通り毎に関係する柱、梁、耐力壁を抽出し、解析モデルを作成します。
              また、解析モデルに、荷重ケース毎に応じた荷重を配置します。
  2. 平面フレーム
    • ・各層の平面フレーム応力解析時に使用
      ・解析モデル:各層毎に梁、水平ブレースを抽出し、解析モデルを作成します。
             また、解析モデルに、荷重ケース毎に応じた荷重を配置します。
  3. 二次部材モデル
    • ・二次部材(小梁など通り上に配置されていない部材)の応力計算時に使用
      ・解析モデル:各層に配置された、二次部材毎に解析モデルを作成します。
             また、解析モデルに荷重ケース毎に応じた荷重を配置します。


● 応用計算及び部材検定

  1. 通り毎の軸フレームの応力計算
    • 一次設計時:静的弾性解析
      1. ・荷重ケース 長期、短期(積雪・地震・風圧)
        ・応力計算内容 部材応力、節点変位等の算出
        ・検定部位 柱、梁、耐力壁
    • 二次設計時:静的弾塑性解析 (荷重増分解析による、部材塑性箇所の特定)
      1. ・荷重ケース保有耐力時
        ・応力計算内容部材応力、節点変位等の算出 及び 保有耐力時の耐力比較
        ・検定部位柱、梁、耐力壁
  2. 各層の平面フレームの応力計算:静的弾性解析
    • ・荷重ケース 短期(地震・風圧)、保有耐力時
      ・応力計算内容 部材応力、節点変位等の算出
      ・検定部位 水平ブレース
  3. 二次部材の応力計算:静的弾性解析
    • ・荷重ケース長期、短期(積雪・地震・風圧)
      ・応力計算内容部材応力、節点変位等の算出
      ・検定部位小梁


基礎入力

  • 基礎梁(断面)、ハンチ、深基礎、アンカーボルト

基礎構造計算・判定

  1. 解析モデル作成
    • 解析モデル:各基礎通り毎に関係する基礎梁を抽出し、解析モデルを作成します。
            また、解析モデルに荷重ケース毎に応じた荷重を配置します。
  2. 応用計算及び部材検定
    • 解析手法 :静的弾性解析
      • ・荷重ケース 長期、短期(積雪・地震・風圧)、保有耐力時
        ・応力計算内容 部材応力の算出
        ・検定部位 基礎梁・アンカーボルト

出力

  • 1) 構造計算判定結果帳票
    2) 一般確認申請用構造設計書
    3) 邸別積算用連携データ

ページ上部へ戻る