HOME » 商品・サービス案内 » 環境分野 » 陸域環境シミュレーション » 屋内環境改善

商品・サービス案内

屋内環境改善

商品/サービスの特徴

空調機器の最適な設置数、配置、出力の検討

効果的な自然換気のための換気口、窓の配置の検討

作業環境改善の検討


地球温暖化防止のため、冷房28℃設定や高断熱建築といった省エネルギー対策が進められ、広く実施されています。しかし、省エネルギーの下、快適な屋内環境を創りあげるためには、空調機器の配置や出力、人員や備品の配置や排熱さらには日射の影響といった複数の熱要因や屋内の気流の動きを同時に考慮し把握する必要があります。

弊社では、三次元流体解析を用いることにより、事前の模型実験や実際に機器を配置することなく、簡易にあらゆる箇所の気流・温度分布を予測することができ、空調機器の効率的な配置や出力の検討、季節に応じた屋外環境の利用といった効率的な屋内環境を検討することができます。


ページ上部へ戻る