HOME » お知らせ » データマイニング事業への取り組み

お知らせ

データマイニング事業への取り組み

データマイニング事業への取り組

応用技術株式会社のデータマイニングへの取り組みのご紹介

 昨今オープンデータの配布が盛んになり、簡単にビッグデータを入手することが可能になってきました。しかしそのデータをより良く選り分け利用するビッグデータの解析方法についてはユーザが課題としているところです。

 応用技術では経験豊富なデータサイエンティストが膨大なビッグデータの中からユーザにとってより価値のある質の高いデータを抽出するデータマイニング技術をご提供しています。

お問い合わせ

 ■ 大阪本社 担当者:松井・中尾 TEL:06-6373-0440

データマイニング技術の事例

データマイニング技術の事例

多変量データ解析
様々な測定データ、属性データ等の関係性を統計的に分析しています。

■ 事例

  1. 業務効率化ソリューションの導入によるCO2削減効果の推計
    数百種類からなる業務効率化ソリューションの項目別の排出量削減パターンを数個のクラスタにより分類。分類されたクラスタ毎の削減量原単位を作成し、複数ソリューションの導入パターン毎にCO2削減量を推定するシステムを構築しています。

  2. 構造物の劣化予測、点検計画作成支援
    構造物の属性データ、過去の点検結果、立地・天候等の条件から、数量化Ⅱ類、樹木モデル等の判別モデルを用いて、劣化度合いを判別結果とすることにより、劣化度の予測を行いました。また、将来的に劣化が進みやすいと思われる構造物を抽出し、次回点検時の優先度を設定しました。

  3. プローブデータ解析
    プローブデータより、渋滞発生箇所の抽出及びイベント時の交通流の変化に関する分析を行いました。


テキストマイニング
R言語とMeCabを用いて形態素解析を実施しデータの分析をしています。

■ 事例

  1. 見守りネットパトロールシステムの開発
    京都府立大学と共同研究にて「見守りネットパトロール」システムを開発しました。学校裏サイトや非公式サイト上の問題のある書き込みを弊社のテキストマイニング技術を用いて自動監視できるシステムです。
    OGI Technical Reports vol.20(2012年12月01日発行)より
    「見守りネットパトロールシステムの構築」  太田 桂吾 〔8,987KB〕

  2. 学校非公式サイト等のネット監視業務委託
    名古屋市教育委員会様より学校非公式サイトの監視を受託しております。上記の見守りネットパトロールシステムを用いるとこで、低コストで素早く漏れのないチェックを実施し、好評を得ております。

  3. ネットリテラシー教育セミナー・講演の実施
    学生・生徒・先生様向けにネットリテラシー教育やセミナー、講演を実施しております。弊社がこれまでに学校ネットパトロールを実施してきたノウハウを用いてコンサルティングさせて頂きます。

  4. テキストマイニング(自主研究)
    テキストマイニング技術応用の自主研究事例として実施した。自民党総裁選の所見発表演説の内容のテキスト分析結果から、各候補の類似度分析を行い、決選投票となった場合の票読みを行い、当選者の予測を行いました。
    OGI Technical Reports vol.20(2012年12月01日発行)より
    「テキストマイニングによる選挙候補者演説の分析」  執筆者:甲斐 尊賢 〔3,577KB〕


オープンデータ活用のための取り組み

オープンデータ活用のための取り組み

 オープンデータとは、政府や自治体、公共機関などが保有する情報を、誰もが二次利用できるようにコンピュータ処理に適した機械判読可能な形式で公開し、効果的に活用することで、新たな価値の創造を目指すものです。オープンデータの提供を通して、行政の透明化を図るとともに、市民の政治への参画を促し、さらには、オープンデータの利活用による経済の活性化が期待されています。

 応用技術では、長年培ってきたGIS構築や環境アセスメント等の数値解析技術をもとに、社会や企業がオープンデータを積極的に利活用することで、市民生活の向上や企業活動の効率化を図れるように、オープンデータの推進に取り組んでいます。


GISでの利活用支援

 オープンデータの中で、最もニーズが高いのが地図に関わる情報です。背景として使える基盤地図や空撮画像、地名・住所、標高などのほか、自治体や公共機関からは、防災情報、施設情報、交通情報、観光情報など地域に密着したデータの公開が加速しています。また、地図と連携できる国勢調査のデータも公開されており、これらを自社の情報と合わせて地図に「見える化」することで、業務の効率化はもとより、業務分析や戦略の策定、BCP対策などに活用できます。当社は、これらデータの取得、変換、加工、業務システムのGIS連携など、GISの専門技術を要する場面で、オープンデータの利活用を支援いたします。


数値解析、シミュレーション等での利活用支援

 気象データの正式公開が始まり、今後は、様々な環境観測データの公開が期待されます。当社は、設立当初から環境・防災・土木・建築の各分野における数値解析やシミュレーションなど、数多くの業務に携わっており、環境観測データの取り扱いには習熟しています。これまで培ってきたノウハウをもとに、オープンデータ化された環境観測データの利活用を支援いたします。


オープンデータ流通推進コンソシアムへの参画

 オープンデータ流通推進コンソシアムは、日本におけるオープンデータ推進の中心的な役割を担う組織です。オープンデータ推進にむけた課題解決、技術標準やライセンスのあり方等の検討、普及啓発などに取り組んでいます。当社はコンソシアムの一員として、オープンデータ推進のために、日々、活動しています。


〔トピックス・バックナンバーTOP画面に戻る〕

ページ上部へ戻る