HOME » 採用情報 » 先輩からのメッセージ » T.S.さん(技術)

採用情報

T.S.さん(技術)

好きな言葉

試行錯誤

CAREER

  • 2016年 大学 理工学部 卒業
  • 2016年 応用技術 新卒入社
  •        国土基盤情報部 建設情報グループに配属
           ドキュメント作成やデータ解析の補助作業、
           システム開発などを担当。

2016年入社

T.S.さん(技術)

〔学科〕 情報メディア学科

01.応用技術に入社した決め手はなんですか?

近畿圏内にあってシステム開発やコンサルタント、データ解析業務を行っており、
幅広い業務ができることが入社の決め手になりました。

02.職場の雰囲気はどうですか?

声が飛び交い活気がある時もあれば、静かに集中している時もあり、メリハリがある職場です。

03.応用技術の自慢はなんですか?

多種多様な業務ができることです。

04.現在どのような仕事をしていますか?

プログラムを用いたシステム開発やGISによるデータ作成が主な業務です。

05.仕事にやりがいを感じるときは?

作成したプログラムが想定通りに動いた時や、手伝いをしていた長い業務が終わった時です。

06.仕事で辛かったこと、大変だったことはなんですか?

バグが散らばっているシステムの修正をした時はバグ修正とデバッグにかなり時間を使いました。

07.入社時と比べて自分自身が変わったと思うところは?

物事に対する計画性が身についたと思います。
入社当初は業務に関する作業に掛かる時間が正確に分からなかったのですが、
こなしていくにつれて段々と把握でき、少しずつですが計画を立てて仕事をこなせるようになっていきました。

08.どんな人と一緒に働きたいですか?

問題を解決するにあたって、意見を活発に交換できる人と働きたいです。

09.今後の自分自身への目標をどうぞ

システム開発やデータ作成の業務もまだまだ補助の段階で先輩の助けを借りてこなしている状態ですので、
自分自身だけでできる業務を増やしていくことが目標です。

10.プライベートで気になること、熱中していることは?

音楽鑑賞、ベースやギターなどの楽器演奏。

11.社会へ一歩踏み出す学生の皆さんへメッセージをどうぞ

自分が何をやりたいのか、どんな仕事がしたいのか迷うことがあると思います。
妥協せずにこれならやり通せるという軸を決めて就職活動を進めて欲しいと思います。


学生時代はこんな研究をしていました。

タイトル:3拍子及び4拍子の楽曲に対するテンポ・拍子・ダウンビートの自動推定

研究内容:3拍子と4拍子の楽曲(音響信号)に対して音楽的特徴量を算出し、特徴の出現周期の違いからテンポや拍を自動推定する研究を行っていました。

ページ上部へ戻る