HOME » 採用情報 » 先輩からのメッセージ » K.T.さん(技術)

採用情報

K.T.さん(技術)

好きな言葉

為せば成る

CAREER

  • 2017年 高等専門学校 卒業
  • 2017年 応用技術 新卒入社
  •        環境・防災解析部 地盤・構造解析グループに配属
           モデル作成・解析の補助作業

2017年入社

K.T.さん(技術)

〔学科〕 環境都市工学科

01.応用技術に入社した決め手はなんですか?

学生のころから地盤・構造に興味があり、学んできました。
その両方の分野を仕事にできる部署があり、魅力を感じたため。

02.職場の雰囲気はどうですか?

落ち着いた雰囲気だが業務に関する質問などがとてもしやすい環境が整っている。

03.応用技術の自慢はなんですか?

各分野のプロフェッショナルな方々が揃っていること。
また、座席が隣同士なのでわからないことがあったら質問しやすく、
さらに、先輩社員からわからないとこがないか聞いて下さる。

04.現在どのような仕事をしていますか?

河川構造物・下水構造物の耐震診断を主に行っています。

05.仕事にやりがいを感じるときは?

自分が正しいとおもってやっている手順が先輩社員の方々の意見と同じだった時など
自分自身の成長を感じたときです。

06.仕事で辛かったこと、大変だったことはなんですか?

想像していた結果が得られないときや、ソフトの性能で思い通りの計算をしてくれないときなど。

07.入社時と比べて自分自身が変わったと思うところは?

与えられたものを作業的にこなすという学生的な意識から、
業務に関する知識などをたくさん得たいという積極的な意識に変わりました。
また、責任というものを感じ始め、手順の確認をするようになりました。

08.どんな人と一緒に働きたいですか?

自分をしっかりもっている人。

09.今後の自分自身への目標をどうぞ

まだ、経験が浅くできることも少ないので現在は多くの業務に関わりできる仕事を増やしていくことです。
また、任されたことに対してミスがないように行うことです。

10.プライベートで気になること、熱中していることは?

音楽・旅行など。

11.社会へ一歩踏み出す学生の皆さんへメッセージをどうぞ

就職活動は人それぞれだと思います。ですが、やりたい仕事を明確にし、自分に自信をもって行ってください。


学生時代はこんな研究をしていました。

タイトル:ランダムカスケードモデルによる対象降雨継続時間の検討

研究内容:治水計画の指標の一つである基本高水流量を算定する過程には不確実性が含まれていることが示唆されていました。その要因の1つである降雨継続時間に着目し、研究を行っていました。

ページ上部へ戻る