HOME » 商品・サービス案内 » 取扱製品 » BricsCAD» BricsCAD 機能一覧

商品・サービス案内

BricsCAD 機能一覧

BricsCAD Platinum/Pro/Classic機能一覧

BricsCAD

ファイル
pL
P
C
ネイティブ.dwg 2013ファイルフォーマット
AutoCAD2.5 から 2015 までDWGをサポート
パスワード保護
外部参照のインプレイス編集
PDFアンダーレイ
スタイルテーブルを使用しPDFへエクスポート
DWF 2Dと3Dへのエクスポート
SVGへのエクスポート
eトランスミット
シートセット管理
Chapoo®(アップロード、シェア、閲覧、アノテーション)
Communicator(オプションソフト 読み込み/書き出し)
       
インタフェース
pL
P
C
AutoCAD CUIメニューとツールバー
メニューカスタマイズツール
業界標準コマンド
コマンドライン入力時の自動補完機能
拡張図面エクスプローラー
検索可能な設定管理
拡張クワッドカーソル 2D/3D
リボンメニュー
ドキュメントタブ
ツールパレット
       
選択、スナップ、トラック
pL
P
C
選択プレビュー
クイック選択ツール
類似選択コマンド
図形スナップ
スナップトラック™ と極トラック
       
3D
pL
P
C
3Dサーフェス
New
New
ACISモデリングと編集
ダイレクトモデリング
スイープコマンド
板金コマンド(オプション)
New
BIMコマンド
New
標準部品ライブラリ (30.000個以上の標準部品)
3D幾何拘束
設計意図
切断面
作図ビュー生成
ウォークスルーナビゲーション
       
寸法
pL
P
C
ダイナミック寸法
連携寸法
2D寸法拘束
       
テキスト
pL
P
C
多言語文字対応
マルチ引出線コマンド
異尺度スタイル
フィールド
       
ハッチング
pL
P
C
グラデーションハッチング
カスタムパターンハッチング
ハッチング編集コマンド
       
ラスターイメージ
pL
P
C
ラスターイメージのサポート(クリッピング、透明度
ECW、JPEG2000のサポート
MsSIDのサポート
       
その他の機能
pL
P
C
リアルタイムパン・ズーム
3Dconnexionマウスのサポート
再描画、再表示のマルチスレッド処理
ポリライン変換コマンド
画層状態管理
画層フィルター
マルチラインとマルチラインスタイル
ダイナミック入力
2D拘束機能
複数図形のプロパティ編集
表と表スタイル
       
メカニカル
pL
P
C
メカニカルブラウザ
アセンブリモデリング (機械部品の階層構造)
アセンブリ表示
キネマティック解析
部品表
       
印刷
pL
P
C
CTBとSTBのテーブルファイル
PC3 印刷設定ファイル
ページ設定のインポートと編集
パブリッシュコマンド
       
プログラミング
pL
P
C
インプレイス編集を含む ActiveX
スクリプト記録
LISP vl-, vlr-, vla- と vlax- 対応
Solutions Development System (SDS/ADS)
COM API
Visual Basic for Applications (VBA) (32bitのみ)
.NET
CUIメニューファイルのサポート(ディーゼル式)
BRX (BricsCAD Runtime eXtension)
ツールバーとメニューカスタマイズ用API

クワッドメニュー、リボンメニュー (Classic以上)


クワッドメニュー、リボンメニュー
クワッドメニューは、カーソルを図形上に置いたとき、状況に適したコマンドを自動表示させるメニューです。カーソルを移動させたとき、カーソルポイント近くの図形のタイプや交差、接線のような幾何学的なイベントによって、刻々と更新されます。クワッドは、CUIダイアログや専用のAPIを通してカスタマイズできます。リボンメニューは、2D作図、3Dモデリング、メカニカル、BIMの各ワークスペースで個別に設定、利用可能です。

[インターフェイスへ戻る]

 

 

キネマティック解析 (Platinum)


キネマテック解析

モデルパーツを移動/回転させて、リアルタイムにキネマティックな問題を解決します。

[メカニカルへ戻る]

 

 

3Dダイレクトモデリング (Pro以上)


3Dダイレクトモデリング
アセンブリモデリングは、複雑な製品をモデリングするため、メカニカルコンポーネントの階層構造の中で.dwgファイルを扱うことを可能にします。トップダウンとボトムアップの両方の手法で製品を組立て、様々なメカニカルコンポーネントの面やエッジ間に簡単で強力な3D拘束を加えてアセンブリを構成します。既存の図形を使用して(他のCADからインポートされたものを含む)メカニカルコンポーネントを形成すること、あるいは何千ものX-部品ライブラリを使用することができます。

[3Dへ戻る]

 

 

板金設計 (Platinumオプション)


板金設計
板金パーツのモデリングやこのパーツの図面を生成する専用ツールが提供されています。フランジ、ベンド、ベンドリリーフ、コーナーリリーフのフィーチャーとそれらをハンドリングする高度な機能がサポートされています。

[3Dへ戻る]

 

 

2Dと3Dの拘束機能


(2D拘束はClassic以上、3D拘束はPlatinumのみ)

2Dと3Dの拘束機能
BricsCADは幾何拘束機能を使用し、ダイレクトソリッドモデリングに対する強力なツールを提供します。ソリッドモデルは、構成要素間の拘束を定義付けして修正することできます。面、またはエッジの配置を修正する3D拘束がある場合、この拘束はモデリング作業中保持されます。この機能により、どんな3Dモデルのフィーチャーもパラメーター化することが可能です。

[3Dへ戻る]

 

 

2D図面自動生成 (Pro以上)


2D図面自動生成
3Dモデルから連携した2Dや3Dビュー図面、断面図を生成します。このビュー、断面図は、3Dモデルが変更されたとき自動的に更新されます。

[3Dへ戻る]

 

 

連携寸法 (Classic以上)


連携寸法
寸法は形状が変更された時に自動的に更新されます。ユーザー様はペーパー空間内のモデル空間に書いた図形の寸法を変えることさえ可能であり、モデル空間内の図形を修正すると、これらが更新されるのが確認できます。寸法は端点、中点、そして垂線などといった図形のスナップポイントに関連付けることができます。

[寸法へ戻る]

 

 

ダイナミック入力とダイナミック寸法 (Classic以上)


ダイナミック入力とダイナミック寸法
ダイナミック寸法は図形を作成/編集中に利用可能です。グリップポイントを移動する時、全ての関連した寸法がリアルタイムで表示され、そしてダイナミック入力でまとめて修正することができます。

[寸法へ戻る]

 

 

ページ設定管理 (Classic以上)


ページ設定管理
ページ設定を使うことにより、作図の印刷をしたい時に毎回、印刷ダイアログの上のオプションの全てを調べる必要はなくなりました。全ての設定はページ設定に保存することができます。そして、このページ設定はこの後ペーパー空間のレイアウトにも適用できます。ページ設定は作図内に保存でき、図面間でコピーすることもできます。

[印刷へ戻る]

 

 

メカニカル部品表 (Platinum)


メカニカル部品表
図面内で使用されているメカニカルコンポーネントのトップレベルやボトムレベルでリストを作成します。

[メカニカルへ戻る]

 

 

Bricscadは Bricsys NVの登録商標です。

BRICSYS JAPAN公認サイトはこちら 


製品へのお問い合わせ
ソリューション本部 営業部  

資料請求

大阪本社
TEL:06-6373-5032 FAX:06-6373-6100
東京オフィス TEL:03-5319-3212 FAX:03-5319-3214
TEL受付時間 9時~18時  / FAX24時間受付

入力フォームが別画面で表示されます。別画面は株式会社パイプドビッツが運営するサイトにて受け付けております。
ご入力いただく情報はSSL通信で暗号化され、保護されます。入力フォームが別画面で表示されます。

ページ上部へ戻る