HOME » 商品・サービス案内 » 防災・減災分野 » 防災シミュレーション » 津波浸水遡上

商品・サービス案内

津波浸水遡上

商品/サービスの特徴

モデルの概要

 ■非線形長波理論モデルより波源域から陸域にかけて津波計算を実施

 ■多段式モデルで遡上対象域付近を細かいメッシュサイズで表現可能

解析条件

 ・地形条件(海域の水深、陸域の標高)
 ・波源条件(初期水位)
 ・構造物条件(配置、高さ、破壊条件等)
 ・陸域の粗度係数
 ・対策条件(構造物配置・嵩上げ) など

解析イメージ

 
[解析条件]
   ◆波源データ(初期水位条件)

         

   ◆水深・地盤高データ(遡上対象域)
    


 [結果イメージ:津波浸水遡上シミュレーション]

   解析結果より、浸水被害状況や危険性を把握
    ◆最大浸水深分布
    

適用事例

 ■津波浸水被害想定区域の基礎資料として活用

 ■浸水分布図と地図情報を重ねて、浸水被害状況を把握

 ■津波対策(堤防強化)の事業効果予測が可能

 ■避難シミュレーションに活用

ページ上部へ戻る