HOME » 商品・サービス案内 » GISサービス » GISコンサルティング・アプリケーション受託開発

商品・サービス案内

GISコンサルティング・アプリケーション受託開発

~高度なWebGIS開発が得意です。GISに関しての相談は当社へ!~

商品/サービスの特徴

実績豊富なオープンソース GIS/データベースの利用

当社では、GISエンジンのライセンスコストを少しでも軽減されたいお客様向けに、
オープンソースGISやデータベースを利用した地図システム開発も多岐に渡り開発して参りました。

その例の1つに、GISエンジン「MapServer」があり、これは多機能・高性能な地図サイト、地理情報システムを
自在に構築することができるGISエンジンです。
ポータルサイトのAPI、地図ASPサービスに頼らずに、Webサイトに多彩な地図機能を追加することができます。

[参考] MapServer のホームページ: https://mapserver.org/


MapServer は物件管理、顧客管理、営業情報管理などの核システムとして、
世界で5000以上のサイトで利用されていると言われる地図生成・配信エンジンです。
さらに、多機能、堅牢かつ拡張性のあるWebマッピングシステムにとって不可欠な
空間データベースソフトウェアとして、世界で圧倒的な実績を誇る PostgreSQL の拡張モジュールである
PostGIS を多く採用しています。

[参考] PostGIS のホームページ: https://postgis.net/


オープンソースにより構成される数々のメリット

MapServer と商用マッピングエンジンの最大の違いは、オープンソースツールにより構成されていることです。
このため、複数サーバ環境が必要な場合でも、MapServer の追加ライセンス料は不要です。
さらにプログラムのソースが無償で公開されており、必要があればソースコードに変更を加えて
機能を改善、拡張することができます。


様々なデータフォーマット、測地系、投影法に対応

MapServer は、世界中で流通している様々な地理データフォーマットに対応し、世界で使用されている
ほとんどの測地系、投影法に対応しています。
日本の旧日本測地系(TOKYO)、新日本測地系(JGD2000)にも対応しており、国内の多くの地図データが取り扱え、
本パッケージに搭載している地図と重ね合わせるなど、新規・既存を問わずデータ資産を有効に活用できます。


アプリケーション構築のためにOpenLayersを採用

OpenLayers は、ウェブブラウザ上で地図データを表示するための JavaScript で書かれた
オープンソースライブラリです。
本パッケージは、OpenLayers のAPIを使用して開発しているため、お客様御自身で変更を加えて、
独自の業務アプリケーションを構築することが可能です。
また、産官学の各種インターネットサイトで公開されている WMS(Web Map Service)/WFS(Web Feature Service)
配信サービスなどを利用して、地図コンテンツの拡充を図るなども可能です。

[参考] OpenLayers のホームページ: http://openlayers.org/


より高度なGoogle Maps Webシステムの開発

当社では、Google Maps とGISエンジンを組み合わせることにより、Google Maps のインターフェイスはそのままに、
大量の地物や複雑な図形を高速に描画する技術を保有しています。
Google Maps の標準機能では困難な地図機能を実現できます。


導入・活用事例

清水建設株式会社ロゴ
清水建設株式会社 様

ゼネコン向け 物件管理システム活用事例
運輸安全委員会ロゴ
国土交通省
運輸安全委員会  様


一般公開向け「船舶事故ハザードマップ」導入事例

製品へのお問い合わせ
ソリューション本部 営業部  

資料請求

大阪本社
TEL:06-6373-5032 FAX:06-6373-6100
東京オフィス TEL:03-5319-3212 FAX:03-5319-3214
TEL受付時間 9時~18時  / FAX24時間受付

入力フォームが別画面で表示されます。別画面は株式会社パイプドビッツが運営するサイトにて受け付けております。
ご入力いただく情報はSSL通信で暗号化され、保護されます。

ページ上部へ戻る